イスラムの神秘!ドバイで作るオリジナルなゴールド・ジュエリー

  • 2016/06/16
  • Dubai

アラブ人にとって、“ゴールド”は最も身近なジュエリー。

特にドバイは金貿易の中心地として栄えた歴史から、ゴールドとドバイは密接な関係にあります。

アラブ人だけでなく、ドバイ観光に来る外国人の間でも人気なのが、”ゴールド・スーク(市場)”めぐりですが、それもそのはず!ドバイは世界一ゴールドが安い国として有名で、種類も豊富なためです。

ただ、ゴールド・スークで既製品を買うのも良いですが、実は、ドバイには超有名なゴールド・ジュエリーのデザイナーがいます。そんな方に直接注文すると、自分だけのオリジナル・ジュエリーを安価な値段で作ってもらえるんです。

かく言う筆者も、ゴールド・ジュエリー・デザイナーの方に一度ペンダント・トップを作ってもらったことがあります。その際、イスラムの神秘が詰まったアラブ独特のデザインを知るとともに、世界に一つだけのジュエリーを手にすることが、とても素敵な体験でした。

そこで、今回は『Al Manar Diamonds (アル・マナー・ダイアモンズ) 』のデザイナー、Ahmad Riyaz(アフマド・リヤス)さんがハンドメイドで作る特別なゴールド・ジュエリーについて、実体験からみなさまにご紹介します!

エキゾチックなデザイン

アラブのゴールド・ジュエリーの良さは、まず、その“エキゾチックなデザイン”ではないでしょうか。イスラム文化の長い歴史を背景にして、アラブのデザインは三種類あります。広い宇宙を連想させる複雑な“幾何学模様”、草花をかたどった無限の美を象徴する“草花模様”に、アラブ語そのものをデザインにした精神性高い“文字模様”の3種類。

幾何学模様

草花模様

文字模様

いずれも流線的なデザインで、クレオパトラが英雄たちをきらきらと誘惑する時に身につけていそう!眺めていると音楽が聞こえてきそうな“五感を刺激するジュエリー”なのです。

中でも、アフマドさんのジュエリーは、伝統とモダンさの絶妙なバランスをとったデザインばかり。ゴールドは、デザインによってはトラディショナルな雰囲気になりすぎて、カジュアルな洋服に合わないこともありませんか?それが、アフマドさんのデザインなら、普段使いできそう!

気になるお値段ですが、チェーンなしのペンダント・トップのみで、例えば三日月型に名前を入れたものが、約650ディルハム(19,700円)程度。

そんなアフマドさんは、昔から日本人コミュニティで人気があるだけでなく、実はドバイのロイヤルファミリーにも指名されるほどの方なんです。彼の顧客の60%がドバイのローカル、8%がインド人に2%がその他、そして、なんと30%が日本人!そのため、日本人の好みを熟知しています。

そんな彼にジュエリーを注文すると、まずデザインの相談から開始。ゴールドの色やデザインの好みを伝え、アフマドさんの手でデザイン画が完成。18金のペンダント・トップ、筆者はシンプルに自分の名前“舞”をアラブ語にしたデザインを希望。それをアフマドさんが、美しいアラビック・カリグラフィーにして下さいました。

文字模様としてカリグラフィー化されることで、文字感が薄くなり、日本の家紋のような一体感あるまとまった印象に。この時点で、すでにワクワク度満点です!

オーダーメイド・ジュエリーの完成

完成品がこちら。細部まで美しくシェイプされ、輝きのあるゴールド・ジュエリー!これなら、小さすぎず大きすぎず、ちょっとしたお出かけから普段使いまでできそうで、大満足です。こちらにあうチェーンも何本か持ってきてもらい、追加でいただきました。

納品の際、自宅まで来ていただきましたが、玄関できちんと靴を脱いで揃えてから入室するアフマドさんを見て、日本人宅に本当に慣れているんだなぁと感心しました。

オーダーメイド・ジュエリーは、既製品を買うより時間がかかります。でも、デザイナーの方とデザインを一緒に考え、相談し作り上げていく“発注から納品までの体験そのものが特別”なのだと感じました。

日本人に最も愛されるデザイナー

そもそも、アフマドさんは、この道24年のプロフェッショナル。キャリアのスタートとして、ドバイの大手オーダーメイド・ジュエリー店で、ゴールド・ジュエリーのオーダーを取るところから、作成、納品に至るまでデザイナーとして働く事21年。3年前から独立し、つい最近まで自社を運営。有名店を辞めての独立に至った理由は、長年にわたり1日14〜16時間勤務し顧客を着々と開拓するも、アフマドさんがより活躍できるように、店側からの理解やサポートがなかったため。そのお店で働くモチベーションが薄れてしまいました。そんな中、長年の顧客であるローカルと、特に日本人が口々に「あなたは独立したほうがいい」と勧めたそう。現在は、業務拡大を機に『Al Manar Diamonds』という新しい店に招かれ、これまでのネットワークとスキルを集約して活躍中!会社が幾度変わってもずっと着いてくる顧客が、アフマドさんのことを口コミで広め続けたため、今はうれしい悲鳴をあげるほど、予約で一杯だとか。

今回、筆者が「なぜもっと宣伝のためにマーケティングをしないのか?」と質問したところ「もうさばくのが大変なほどオーダーがきているから、口コミで十分なんだ」と言っていたのが印象的でした。海外では、日本のように一つの会社に長くとどまらず、転職によりステップアップすることが、一般的に良しとされます。アフマドさんが独立を決めたのが運命のターニングポイントだとすると、その時の「自分ならできる」とのシャープかつ勇気ある判断が、現在のステップアップにつながりました。その成功の影に日本人コミュニティのサポートがあったことを知って、少し嬉しくなりました。

「この先、どのように発展していきたい?」との質問に、アフマドさんの答えは、少しはにかみながら、「インシャラー(神のみぞ知る)」。

彼がモットーとするのは、“顧客満足度最優先”。どのような人種、文化の人にも愛されるゴールド・ジュエリーを、これからも作り続けてほしいと感じました。

みなさんも、イスラムの神秘と無限の美を象徴するアラビック・ゴールド・ジュエリーに、ぜひこれから注目してみてくださいね。

では、مع السلامة マッサラーマ(また会う日まで)!






【取材協力】

・Ahmad Riyaz・・・ドバイ在住、ハンドメイド・アラビック・カリグラフィー ゴールド・ジュエリーのデザイナー歴24年のベテラン。ペンダント、イアリング、ネックレス等を18金オーダーメイドにてリーズナブルな値段で作成。インスタグラム、Facebookページでも独立時代の代表作が見られます。ドバイ在住者なら発注から完成まで15〜20日、観光客なら最短1週間か超特急扱いで2日間での作成対応も可能のため、ドバイに行かれる方は是非お問い合わせを。

電話: +971-55-5144 780

Email: goldartdubai@gmail.com

インスタグラム: http://www.instagram.com/goldartdubai

Facebook: https://www.facebook.com/GoldArtDubai/timeline






ページトップへ