癒しのマッソテラピアとオリエンタルブーム

  • 2014/07/04
  • Brazil

さて、今回はFIFAワールドカップ真っ盛りのブラジルより美容・サロン情報をお届けしたいと思います。

ところで、皆さんはブラジル代表がサッカーの試合がある日は、町中が機能しなくなるなんて信じられますか?この国ではありなんです!例えば試合が午後からある場合は学校、銀行、役所やスーパーなどがみんな午前中で閉まってしまうのです。

そして、仲間同士家で集まりシュハスコ(BBQ)をしながらサッカーをTVで観戦したり、レストランを貸し切って騒いだりします。私もたまたま知り会いに誘われてレストランへ行ったところ、なんと皆ブラジルカラーのCamiseta(Tシャツ)を着用し、ゴールが決まるごとに花火をそこら中で鳴らし、ついでにブブゼラも鳴らします。なんとも、度肝をぬかれる応援の仕方ですがここでは良くある日常の風景なのです。

そんな騒々しいブラジルですが、癒しを求めて静かなサロンへ行ってまいりました。ここサンパウロは近頃オリエンタルブームが巻き起こっており、日本食レストランが立ち並び、本屋では日本の漫画やアニメが翻訳されたものが売られています。

また、国民の9割がカソリック教徒といわれるほど信仰心に篤く、他の宗教の施設も大事にされており、日本風のお寺や神社、鳥居などもよく目にします。日系移民が上陸した際に、大事にしていた宗教=仏教や神道をブラジルに持ち込み信仰してきたためです。歴史的な建物が身近にあるためか、日本やオリエンタルを身近に感じ、親しみを持ってくれる人が多いのです。

マッサージも同様に日系やオリエンタル文化の影響を受けており、鍼やお灸を施術しているサロンもあるのです。サンパウロのリベルダージ地区には日本、台湾、中国、韓国などのアジアのルーツを持つ人たちが暮らし、レストランや雑貨店が軒を並べ、指圧マッサージサロンや、YOGA、美容院などが混在しております。なんとNIPPO・BRASILEIRA病院という日系の病院では鍼治療も受けられるのです。(勿論、医師やスタッフの中には日本語を話せる人が居ます)

今回私が施術してもらったのは、サンパウロ州はアラサツーバ市にあるANAPAULA KATSUKIさんのサロンです。

通常のマッサージの他にオイルトリートメントマッサージ・ヨガマッサージ(アユールヴェータ)・霊気・ストレッチ・リフレクソロジーなど取り扱っておりコースも豊富です。

お気づきかもしれませんが、ANAPAULAさんの苗字KATSUKIさんは日本の“香月”さんなのです。彼女は日系4世のメソチソ(混血)です。残念ながら日本語は話せませんが、日本文化をこよなく愛す日系ブラジル人です。

日本やオリエンタルのアートやヒーリングの分野に興味があるとのことで、日本食も好んでよく食べるそうです。

小さい頃によくお婆ちゃんの肩を揉んであげて喜ばれたのがきっかけでマッソテラピアを勉強するようになったそうで、資格を取るために遠く離れたサントスで2年間学びDiploma(免許)を取得した本格派。マッサージは、手際よくリズミカルに体の老廃物を取り除き、疲れた身体を癒してくれます。ちなみにMassoterapia=マッソテラピアとはマッサージセラピーのポルトガル語読みで、マッサージで身体をほぐしながらカウンセリングによって患部の痛みや疲労を癒す治療方法です。


血流を良くするために、お腹の上にはa bolsa de água quente(湯たんぽのようなもの)を置いて暖めます。ブラジルは現在冬ですが、ANAPAULAさんの店はサンパウロ州でも北西に位置しますので気温は昼だと25度くらいあります。

正直暑いですが、寒暖の差が激しいこの季節、朝晩で冷えて体の筋肉が硬くなる人も多いので置いているとの説明も受けました。マッサージといえども汗をかくのでエアコンが効いているこのサロンでは丁度良いくらいでした。

姿勢が悪いとのことで特別にストレッチもやっていただき、何だか得した気分でテンションが上がります。

この日、調合してもらったオイルはalecrim(ローズマリー)。血行改善に効き目があるそうで、肩こりを相談した私にはぴったりでした。

マッサージを終えると身体もポカポカして気持ちよく軽くなりました。着替えが終わると、待合室で日本茶とANAPAULAさんのお母さんが作ってくださったCOXINHA(マンジョッカ芋と牛肉のコロッケ)を頂きました。思いがけないおもてなしに感動し、心も身体も胃袋まで満たされとても幸せな気分に浸りました。

ブラジルのサロンは、家の一部を改装し専用のサロンとして使用していることが多いので、こういった家族からのおもてなしを受けることも多々あります。手作りのお茶請けを頂きながら、皆で世間話をして気がつけば1時間くらいしゃべっていたなんてことも良くあるのです。次の予定がある際は、長くならないように話を終わらせる術を身に着けることも時に重要だったりします(笑)。






ページトップへ